アーユルヴェーダテキストより

アーユルヴェーダスクールで必ずといってでてくる5元素。避けて通れない、でも必ず覚えてほしい5つの元素の特徴と違い。どうして、これが必要なのか、アーユルヴェーダのはじめの一歩について書きます。
アーユルヴェーダは、6000年前に生まれたものだといわれていますが、実際には当時たくさんの学者や聖職者が哲学、考古学、医学、天文学などありとあらゆることを考えていた、その中の一つがアーユルヴェーダです。しかし、時代を超えても尚6000年前とそんなに変わらない、それはなぜでしょう。

今日は、アーユルヴェーダの歴史に少しふれたいと思います。テキストでは4つの経典の名前がでてきます。所説ありますが、インド神話やヨーガ哲学、インド哲学、ヒンズー教などと関係が深い事がここで分かります。

アーユルヴェーダはどういうために存在するのか、意外にも、あまり認識されていない部分です。日本にいるだけでは、わからない点について書いてみました。インドのドクターはこの部分を本当に大切にしています。
アーユルヴェーダの基本とは。デリーコースで使用されているテキストをもとに、インドで習うアーユルヴェーダとはどういうものか、インドと日本の違いについてなどを書いていきます。