ケララトリートメントコースのご案内

ノマダシアを初めて12年。アーユルヴェーダという言葉は認知度を増し、ヨガとともに少しずつ知られ、「パンチャカルマ」を体験できる人も増えてきました。

 

しかし、詳しい説明や、使っている薬など、そもそもアーユルヴェーダの基本的な知識を持ち合わせていない場合の治療は、不安や不信感が募ってしまうのが実情でもあります。

 

アーユルヴェーダのトリートメントは「健康な人」が受けられます

 

保険料の改定や、医療費、高齢化など、心配はつきません。私たちは将来を心配して、保険を掛けたり、貯金をします。しかし体に対してずっと健康でいられる努力」は何かしているのでしょうか。

 

毎日の習慣を変えるのは、簡単な事ではありません。そのためどんなに短くてもこのコースは15日間いただいています。それが皆さんの体の変化を感じるために必要最低限の日数だからです。

 

「病気にならないための治療」それがパンチャカルマです。また、パンチャカルマをするために必要な施術も何十種類もあります。予防医学の代名詞であるアーユルヴェーダはなかなかその概念が伝わりにくいのですが、トリートメントを受けながら、アーユルヴェーダというのは何か、なぜ今でもインド国内でれっきとした医学として存在しているのかを理解できます。

医・食・住がワンストップだからできること。


「ケララトリートメントコース」は、安心してインドでアーユルヴェーダトリートメントを受けていただけるように考えられたコースです。パンチャカルマを初めとするトリートメントの効果は実は終わった後が一番大切。きちんとアーユルヴェーダの基礎を学習しながら、体のメンテナンスはいかがですか。きっと自然との調和の素晴らしさに気づけるでしょう。また、初めての方や英語が話せない方でも、日本人サポートがありますので安心です。

コースの流れについて

渡印前     

メールにて事前にカルテを作成します。すでに投薬や診断がある場合はレポートもご提出ください。SNSを利用した渡印相談をしながら、各種手配や移動ルートは日本人スタッフがサポートします。

1日目  

カンヌール到着。到着時間に応じてオリエンテーションと問診を行います。

まずはリラックス。

2-14日目  

トリートメント開始。現地にて問診を再度行い、メニューを確定します。

トリートメントと毎日の生活習慣を行いながら、午後は自然を満喫しながら、アーユルヴェーダの基礎を学んだり、日本語でアーユルヴェーダトリートメントに関する学習をしていきます。またハーブや自分に処方された薬の説明も受けられます。

15日目

最終日

いよいよ最終日。デリーへ1泊する場合は市内でお買い物ができます。
帰国後 日本で処方されたお薬を飲みながら、日常生活の改善を図ります。2週間後にオンライン問診を行います。

トリートメント施設について

Mantra  Yamnatheeram

(通称ヤムナティーラム)

 

住所 Kanayi, Payyanur, Kannur, Kerala 670307

 

写真は宿泊のお部屋。バンガロータイプになっています。2名1室です。

 


【受講内容】

  • アーユルヴェーダの基礎概論(目的、健康の定義、歴史)
  • 5つの基本元素理論
  • 3つのドーシャの概念
  • ドーシャの特性とサブドーシャ
  • サプタダハトゥ/マラ
  • アーユルヴェーダの治療法と病気との付き合い方
  • パンチャカルマ
  • 健康維持のためのアーユルヴェーダ
  • 味覚とドーシャの関係
  • 体質と消化力の関係
  • 実習:実用的なアーユルヴェーダ食事法の取り入れ方、日本でできるケララ式クッキング
  • 体質別食事法 (患者さんに合わせてアドバイスを行います)
  • 日本でアーユルヴェーダを取り入れる理由とは

全30時間のコースです。

 

その他

  • お客様別、お薬の説明や症状、トリートメントに使われる材料の説明など。
  • ドクターおすすめの日用品や薬など(一般のお店で買い物をします)

※問診中のドクターとトリートメントの材料

期間中のオプションについて


オプション内容
1 ハーブ見学 広大な敷地内にある野生のハーブや宿泊先の周りにあるファームをご案内します。
2 ヒンズー教のお寺へお参り とボート体験      (有料)   地元の人が絶えないヒンズー教寺院を参拝します。その後、カンヌールに悠々と広がる雄大な川でボートに乗船し南インドならではの大自然をご覧いただきます。

3

ケララ式クッキング 地元で食べられているココナツやスパイスを使ったお料理を見学、家庭でできるホームレシピをご紹介します。
4

アラビア海岸散策

(有料)

地元の人でにぎわう海岸沿いと近くのマーケット散策
5 カンヌール市内観光  (有料) ポルトガル領地時代、イギリス植民地時代に建てられたフォートや博物館、手工芸などを見学します。
        一日の流れ
フットバス(足湯)とハーバルティー
 トリートメント (都合により前後します)
朝ごはん (都合により前後します)
アーユルヴェーダ学習タイム (1H)

昼ごはん

アーユルヴェーダ学習タイム (2H)
晩ご飯
瞑想、読書タイム
就寝

私達がご一緒します

アクシャヤドクター

元サンティグラム(ノマダシアデリーコース)勤務。独立を経て、現在マントラのアーユルヴェーダ部門責任者。患者への診察と投薬に関してはインド人からも厚い信頼を寄せられている。

 アーユルヴェーダ診断、ローカル市内ショッピング、アーユルヴェーダ講座などを担当します。

カンヌール出身。父は医学療法士。

ノマダシア 田澤友貴

企画主催者。「アーユルヴェーダをインドで学ぶ」にこだわり続けるノマダシア11年目。自身もパンチャカルマやアーユルヴェーダダイエットなどの実験を繰り返しつつ、ブログとSNSを通してインドのアーユルヴェーダを発信している。

 講座通訳、ジョーティッシュ通訳、大人の時間、デリー宿泊などを担当します。


金額について

料金 19万7000円(税込) お一人様

料金に含まれるもの

施設での宿泊費、食事代、トリートメント費用、トリートメント材料費、カンヌール空港から施設までの往復送迎費、アーユルヴェーダ受講テキスト、ペットボトル2本/日、お部屋に備わっている各種備品(バスタオル、ソープ、シャンプー、トイレットペーパー)  

 

料金に含まれないもの

デリー経由時の宿泊費、現地スタッフへのチップ、個人的に購入するお土産など、処方される薬代、提供された食事以外のルームサービス代、個人で使用される日用品、敷地の外での交通費、ビザ申請費用など


よくあるご質問

Q カンヌール(CNN)空港までの航空券の取り方はどうやったらいいですか?

 

A 日本からインドへいくルートはいくつかありますが、デリー、ムンバイ、チェンナイ、バンガロールを経由して、カンヌール空港へ向かいます。デリー発着の場合、国内線手配を代行することもできますのでお気軽にご相談ください。

 

カンヌール国際空港のコードはCNNです。

____________________________________________

 

Q 延泊や前のりするといくらかかりますか?

 

A カンヌールの合宿所延泊は、1泊 7000円(3食付)です。トリートメントはありません。

   デリー宿泊は、ホームステイで1泊3000円(朝食つき)です。

   いずれもお申込者様のみの対象です。

____________________________________________

 

Q 期間中、生理がきたら施術を受けられますか。

 

A 受けられません。始まりから最低3日の出血ピーク時は施術ができません。その際は期間中のトリートメントスケジュールを変更し、学習時間に充てるなど、臨機応変に対応いたします。

 ※真に恐れ入りますが、この場合による返金等はご遠慮願います。

____________________________________________

 

Q デリーに行く必要はありますか。

 

A ありません。現地直行でOKです。ただし、デリーでのスタッフが同行する買い物は、非常に好評です。デリーで一泊し、次の日の便で帰国だと体もラクです。

____________________________________________

お申込の流れ

1.お申込みフォームを送ると、主催よりメールが届きます。

2.分割払いが可能です。お気軽にご相談ください。

3.キャンセル規定はこちらに記載している内容となります。ご確認ください。

4.天変地異などでやむを得ず変更、中止になる場合は、お申込金額のご返金となります。

お申込・お問合せフォーム

メモ: * は入力必須項目です